MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 腰痛 | STYLE JAPAN整骨院の記事一覧

六月限定! 矯正お試しキャンペーン!!

2018.06.21 | Category: STYLE JAPAN

こんにちは☺STYLEJAPAN整骨院です。

 

ついに関東も梅雨入りしましたね…

 

ジメジメして頭が痛い、腰が痛い、もしかしたらその痛み姿勢のせいかもしれません…

 

そこでジメジメした梅雨をスッキリ乗り切れるお得なキャンペーンのご案内です。

 

なんと通常5回27000円の矯正が

 

六月限定で5回で15000円です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤と猫背どちらかの施術を選んでいただける今回のみのプランです。

 

矯正治療に興味はあったけれどなかなか踏み出せなかった、

 

夏前に少しでも姿勢をキレイしたい! そんなかたお待ちしてます。

 

STYLEJAPAN整骨院 千葉県茂原市八千代1-1-28

 

0475-37-9042

突然のぎっくり腰になってしまったら…….

2018.06.14 | Category: 腰痛

こんにちは!

 

千葉県茂原市にあるSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日はぎっくり腰についてお伝えしていきます。

 

周りにぎっくり腰になり痛そうにしている姿を見たことはありませんか?

 

そんなぎっくり腰の原因ははっきりわからないと言われていますが、

 

関節の亜脱臼や筋肉の肉離れなどと言われることもあります。

 

どんな症状かというと突然腰に痛みが走り動けなくなってしまい、動くだけで激痛を感じます。

 

人によっては足に痺れを感じる場合もあります。

 

突然の症状なので海外では魔女の一撃なんて言われたりもするんです。

 

ぎっくり腰にならないようにすることが一番大切ですが、もしもぎっくり腰になった時の対処方法も大切です。

 

まず間違えてはいけないのが腰を温めるか、冷やすかです。

 

基本的に急な腰の痛みに襲われたら冷やすことをお勧めします。

 

痛みが出ているということは炎症が起きている証拠です。

 

温めてしまうと火に油を注いだかのように痛みが増強してしまうことがあります。

 

冷やし方は、ご自宅にあるアイスノンや保冷剤などをタオルに包んで痛みがある場所に当てます。

 

時間は20分ほどです。

 

直接腰に当て冷やしてしまうと皮膚にダメージを与えてしまうこともありますので注意しましょう。

 

また病院や整骨院は受診することをお勧めします。

 

病院ではレントゲンや湿布、痛み止めの注射を行うことがあります。

 

整骨院では、電気治療などを中心に行います。

 

どちらも腰の痛みを軽減させることができますので近くにある病院・整骨院に行きましょう。

 

STYLEJAPAN整骨院でもぎっくり腰の治療を行っていますのでもしもぎっくり腰になってしまったらご相談ください。

 

STYLEJAPAN整骨院

 

千葉県茂原市八千代1−1−28

 

0475−37−9042

寝違えて首が痛い… そんなときは!

2018.06.07 | Category: STYLE JAPAN,椎間板ヘルニア

 

こんにちは☺ 茂原にあるSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日は急な痛みに対しての治療について書いていきます。

 

朝起きたら首が痛い。重いも物を持ち過ぎで腰が痛い。

 

そんな経験誰しも一度はありますよね?

 

そんな時の特効薬がハイボルテージです。

 

 

ハイボルテージは通常の電気のようにリラックス効果の強いものとは異なり、痛みの緩和や治癒の促進など

 

「痛み」に特化した電気刺激治療器です。

 

さらにハイボルテージの強みはどこが悪いのか検査に使える事です。

 

例えば手が痛いときでも痛みの原因は実は首になんてことも…

 

ハイボルテージを使うと、その痛みの元となっている元の部分を見つけ出す事が出来ます!

 

身体が痛いけれど仕事に行かないといけない、どうしても外せない用事がある、

 

そんな方の痛みの治療も当院では行っています。

 

STYLE JAPAN整骨院 千葉県茂原市八千代1-1-28

0475-37-9042

 

 

 

実はそれ腰が原因かも!?

2018.06.01 | Category: 腰痛

こんにちは!

千葉県茂原市にありますSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日は足の痛みについてお伝えしていきます。

 

歩いているうちに足が痛くなり、少し休むと痛みが治まるという症状があります。

 

足に痛みが出てくるので足に原因があると思いますよね?

 

もちろん足に原因があり痛みが出るということもあります。

 

しかし意外にもこの足の痛みが腰に原因があることがあるのです。

 

それは「脊柱管狭窄症」と言います。

 

脊柱管と呼ばれる背骨にある神経の通り道が狭くなってしまう病気です。

 

この脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、歩き始めは痛みがないのに、ある程度の距離を歩くと徐々に足に痛みが出てしばらく休むと治ってまた歩けるようになるという「間欠性跛行」があります。

 

これはもともと神経の通り道が狭くなっているところに歩くことによってより神経を圧迫させることにより症状が出ます。

 

しばらく休むと症状が治まるのは休むときの姿勢が関係してきます。

 

しゃがんだり、前かがみになることによって神経の通り道を広げてあげるのです。

 

この症状が出てしまうと外出や買い物など大変ですよね。

 

脊柱管狭窄症の足の痛みを緩和させるには、腰を支える筋肉を鍛えることと、姿勢を正しくすることが大事になります。

 

私たちSTYLEJAPAN整骨院では脊柱管狭窄症の治療として、姿勢を正しくする骨盤矯正をし、楽トレという筋肉を鍛える治療器を使用します。

 

姿勢が正しい状態でさらにそれをキープすることができれば足の痛みが出る頻度が減り、症状も楽になっていきます。

 

長年脊柱管狭窄症にお悩みの方は是非一度STYLEJAPAN整骨院にご相談ください。

 

STYLEJAPAN整骨院

 

千葉県茂原市八千代1-1-28

 

0475-37-9042

 

介護と腰痛

2018.05.28 | Category: 腰痛

こんにちは!

千葉県茂原市にありますSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日は介護と腰痛についてお伝えしていきます。

 

介護関係のお仕事をされている方やご自身のご家族の介護をしている方は多いのではないでしょうか?

 

介護をしている方の8割以上が腰痛を感じています。

 

今後高齢者が増える中、介護者の負担は増えていきます。

 

介護をする中で前かがみの姿勢や体を支える際腰に大きな負担がかかります。

 

この負担が重なれば重なるほど腰痛の発生率は高まっていきます。

 

この時に重要なのが体のケアです。

 

何をやっていいのかわからない方も多いと思います。

 

まず基本的なケアとして大事なのがストレッチです。

 

今日は大事なストレッチの方法をブログを通してお伝えしていきます。

 

今日お伝えするのはハムストリングスのストレッチです。

 

これは太ももの裏側にある筋肉で骨盤の動きにも関係する筋肉です。

 

 

上記の図のような体勢をとり上半身を倒していきます。

 

この時息を止めないようにするのがポイントです。

 

筋肉が伸びていると感じている状態を15-20秒キープしましょう。

 

左右3回ずつ行うのがベストです。

 

このハムストリングスは腰痛ととても関連が大きい筋肉です。

 

介護をしている方は特に前かがみの姿勢が多いので太ももの裏側の筋肉は硬くなってしまいます。

 

毎日少しでもストレッチの時間を作って筋肉を柔らかくしましょう。

 

STYLEJAPAN整骨院

 

千葉県茂原市八千代1−1−28

 

お問い合わせはこちらから↓↓

 

0475−37−9042

ヘルニアの手術をしたけどまた腰が痛くなってしまった…

2018.05.24 | Category: 腰痛

こんにちは!

千葉県茂原市にあるSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日はヘルニアについてお伝えしていきます。

 

先日来院された方でヘルニアの手術を約10年前にした方がいました。

 

腰の痛みで手術をしてその当時は痛みが無くなりました。

 

最近になりまた痛みが出てきてしまったとのことで来院されました。

 

検査をすると腰の痛みの原因が姿勢にある可能性がありました。

 

STYLEJAPAN整骨院での腰痛治療では、まず姿勢の状態を確認します。

 

その後特殊な電気治療を使用しさらに痛みの原因を探していきます。

 

この方の腰痛の場合、先ほどお伝えしたように姿勢に原因がありました。

 

さらにこの電気治療で内側にある筋肉インナーマッスルにも原因がありました。

 

電気を流して痛みの変化があればSTYLEJAPAN整骨院での治療で腰痛治療が行えます。

 

たとえヘルニアだとしても電気治療で痛みに変化があれば腰痛は良くなっていきます。

 

この方もその一人でした。

 

検査のあと姿勢を整える骨盤矯正と筋肉を鍛える楽トレを行い腰痛治療を行っています。

 

現在も骨盤矯正と楽トレを行い腰痛改善に向けて頑張っています。

 

腰痛治療で今まで色々試したけど中々改善しない方は是非一度STYLEJAPAN整骨院にご相談下さい。

 

STYLEJAPAN整骨院

 

千葉県茂原市八千代1-1-28

 

0475-37-9042

 

産後から腰痛が出てしまった方へ

2018.05.12 | Category: 未分類

こんにちは!

千葉県茂原市にある整骨院STYLEJAPAN整骨院です。

 

今日は産後の腰痛についてお伝えしていきます。

 

産後の腰痛の原因のひとつとして育児中の抱っこや授乳中の姿勢が関係します。

 

どうしても抱っこはしなければいけないですし、いちいち姿勢のことを考えている暇もないですよね。

 

ただ、この時期に自分のからだを放っておくとさらに腰痛が酷くなってしまったり、

 

産後の体型崩れが酷くなってしまいます。

 

では、産後に腰痛になってしまったらどうしたらいいでしょうか?

 

大事なのは”ケア”です。

 

自分で行うケアも大事ですし、整骨院や整体で行うケアも大事です。

 

今日は整骨院・整体で行うケアを詳しくお伝えします。

 

STYLEJAPAN整骨院では、産後のケアとして

 

まず姿勢の状態を確認します。

 

産後では特に子供を抱っこするのでお腹が前に行く姿勢になることが多いですね。

 

この確認した姿勢を元に施術のプランを考えていきます。

 

STYLEJAPAN整骨院では、主に”トムソンベッド”という骨盤矯正専用のベッドを使用して骨盤矯正を行います。

 

さらに産後では骨盤の広がりがありますので、股関節周りの筋肉を中心にストレッチを行います。

 

この2つの施術を行うことによって骨盤周りの状態を良くしていきます。

 

最後に股関節以外の骨盤に関係する、足の筋肉もストレッチをおこなっていきます。

 

産後の骨盤の矯正は時間が経ってからおこなうよりも3-4カ月頃から始めるとより効果的ですね。

 

産後の骨盤矯正のことでわからないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

STYLEJAPAN整骨院

 

千葉県茂原市八千代1-1-28

 

0475-37-9042

 

こちらから産後矯正について聞きたいのですがとお電話ください。

腰椎椎間板ヘルニア

2018.04.12 | Category: 腰痛

こんにちは!

千葉県茂原市にある整骨院のSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日は腰椎椎間板ヘルニアについてお伝えしていきます。

 

20-40代の比較的若い年代の慢性腰痛の原因として多いのが、「腰椎椎間板ヘルニア」です。

 

椎間板とは、背骨の間にあるクッションです。

 

椎間板の中心には「髄核」と言う弾力に富んだ組織があり、その周囲を丈夫な「線維輪」が包んでいます。

 

こうした構造により脊柱に加わる衝撃を吸収するクッションの役目を果たしています。

 

しかし、加齢によって髄核の弾力性が低下したり、強い圧力が加わったりする位、線維輪に亀裂が入り中の髄核が飛び出すことがあります。

 

この飛び出した状態を「ヘルニア」と言い、腰で起こっている状態が「腰椎椎間板ヘルニア」です。

 

腰椎椎間板ヘルニアは若い年代の男性に多く見られますが、発症には「ヘルニアが起こりやすい体質」が関係していると考えられています。

 

こうした体質に加えて、加齢や強い衝撃、職場や家庭でのストレスなどの危険因子が加わると発症しやすくなります。

 

腰の椎間板の背中側には丈夫な靭帯があるので、ヘルニアの多くはこの靭帯のどちらか左右に飛び出します。

 

そのため、左右どちらかの神経が圧迫されて、片側の腰や足に痛みや痺れが起こります。

 

こうした症状は、動くと強まり、安静にしていると軽くなる傾向があります。

 

千葉県茂原市で腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛にお悩みの方はSTYLEJAPAN整骨院にご相談ください。

 

STYLEJAPAN整骨院では、検査に力を入れていて、ヘルニアと言われていても検査で改善が見られれば治療を行なっていくことが可能です。

 

腰椎椎間板ヘルニアと言われても諦めずSTYLEJAPAN整骨院にご相談ください。

 

STYLEJAPAN整骨院

 

千葉県茂原市八千代1−1−28

 

0475−37−9042

骨粗鬆症が腰痛の原因にもなります

2018.04.09 | Category: 未分類

こんにちは!

千葉県茂原市にある整骨院のSTYLEJAPAN整骨院です!!

 

今日は骨粗鬆症と腰痛についてお伝えしていきます。

 

高齢者では圧迫骨折による腰痛が多く見られますが、その背景にあるのが「骨粗鬆症」です。

 

※圧迫骨折=圧迫されたかのように骨が潰れること

 

骨粗鬆症は、骨の密度が低下して、骨の中がスカスカになる病気です。

 

骨は、古くなった骨を破壊し、新しい骨を作って、新陳代謝しています。

 

加齢などにより、骨吸収が進み骨形成が追いつかなくなると骨が脆くなります。

 

女性の場合、閉経以降に女性ホルモンの分泌が急激に低下しますが、女性ホルモンには骨形成を促す作用があるため、

 

分泌が減ると骨粗鬆症が起こりやすくなります。

 

骨粗鬆症による圧迫骨折で特に多いのが背骨です。

 

転倒して尻もちをついたときなど、ちょっとした衝撃で圧迫骨折を起こします。

 

骨粗鬆症そのものに自覚症状はなく、圧迫骨折を起こすと強い痛みや腫れが起こります。

 

しかし、骨折した部位や程度によっては、ほとんど痛みがなく、自分では骨折に気づかないこともあります。

 

骨折した骨は元に戻らないので、治療は消炎鎮痛薬で痛みを抑えて安静を保つことが基本です。

 

ギプスやコルセットで固定することもあります。

 

安静が長引くと筋力が低下して寝たきりになったり、認知症になることもあるので、痛みが軽くなり動けるようになったら、出来るだけ動くようにします。

 

また、潰れた骨を形成する「椎体形成術」という手術が行われることもあります。

 

STYLEJAPAN整骨院では、こういった圧迫骨折による腰痛の治療も行っていますのでお気軽にご相談ください。

 

病気が原因で生じる腰痛

2018.03.29 | Category: 腰痛

こんにちは!

千葉県茂原市にあるSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日は病気が原因で生じる腰痛についてお伝えします。

 

腰痛によって日常生活に影響があっても、命に関わることはほとんどありません。

 

しかし、稀に思い病気が隠れていることがあるので注意が必要です。

 

腰痛を引き起こす重い病気には、がんや感染症、内臓の病気、血管の病気などがあります。

 

一般的な腰痛の場合は、横になると痛みが軽減しますが、腰痛を引き起こす重い病気の場合は、姿勢を変えても痛みは軽くなりません。

 

時間の経過とともに痛みが強まったり、発熱や背中の激痛などを伴うことも多くなります。

 

横になっていても腰が痛くてこのような場合は詳しく検査をしましょう。

 

□発熱

□背中の激痛

□月経時に痛みが起こる

□排尿の時に痛みが起こる

□みぞおちが痛い

 

横になっても痛みが変わらないということは、炎症性の疾患が考えられますので速やかに病院で検査を受けましょう。

 

STYLEJAPAN整骨院

 

千葉県茂原市八千代1−1−28

 

0475−37−9042

当院へのアクセス情報

所在地〒297-0024 千葉県茂原市八千代1-1-28
駐車場12台あり
電話番号0475-37-9042
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)