MENU TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 脊椎の異常による腰痛

脊椎の異常による腰痛

2016.08.20 | Category: 腰痛

こんにちは!
茂原市にあるSTYLEJAPAN整骨院です。

 

今日は脊椎(背骨)の異常による腰痛についてお伝えしていきます。

 

「脊柱」(背骨)を上から見ると、「脊柱管」と呼ばれる空洞があり、その中を「脊髄」という神経が通っています。

 

腰の部分の背骨は「腰椎」と呼ばれますが、脊髄は腰椎より下では「馬尾」と呼ばれる神経の束になります。

 

また、脊髄や馬尾神経から枝分かれして全身に伸びていく末梢神経の根元を「神経根」と言います。

 

何らかの原因で腰の脊柱管が狭くなると、馬尾や神経根が圧迫され、痛みが起こります。

 

神経が障害されるため、お尻や足のしびれ、排泄障害などの症状もともないます。

 

ただし背骨に異常があっても、症状がないケースもあります。

 

脊柱管の広さには個人差があり、もともと脊柱管が狭い人の場合は、馬尾や神経根が圧迫されやすく、症状が起こりやすいと言われています。

 

長く歩くのが困難になる間欠性跛行も特徴的な症状です。

 

病院での治療は薬物療法と運動が基本で、症状が重いと手術も検討されます。

 

STYLEJAPAN整骨院では、姿勢の分析と検査を行い、結果に合わせて骨盤矯正や楽トレ(インナーマッスルトレーニング)を行う治療をします。

 

今日はここまでです。

読んでいただきありがとうございます。

当院へのアクセス情報

所在地〒297-0024 千葉県茂原市八千代1-1-28
駐車場12台あり
電話番号0475-37-9042
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)