MENU TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 3つの視点から腰痛を分析しましょう

3つの視点から腰痛を分析しましょう

2016.07.08 | Category: 腰痛

こんにちは!
茂原市にあるSTYLE JAPAN整骨院です。

 

今日は普段感じる腰の痛みが、どんな時に起こるのか、どんな場所に起こるのか、それによってどんなことが考えられるのかをお伝えしていきます。

 

現在の腰の痛みに対して参考にしていただければと思います。

 

1.どんなタイミングで痛むのか?
腰を曲げると痛いなど、動作に伴って痛む場合が多いですが、じっとしていても激しく痛む時は、腫瘍や感染症などの可能性があります。

 

2.どんな場所に痛みが出るのか?
だけでなく、下半身全体に痛みがあったり、痺れや麻痺を伴う場合もあります。
脊椎や椎間板の異常などで座骨神経が障害されると、痛みや痺れが起こりやすいです。

 

3.3か月以上続く場合は長引くことも
3か月以内に治まるものを急性腰痛、3か月以上痛みが続くものを慢性腰痛と言います。

 

4.まとめ
”突然、腰に激痛が起きた”、”腰を曲げると痛む”、”長時間座っていると腰が痛くなる”など、
一口に腰痛と言っても症状は様々です。

 

腰痛は、骨や内臓の病気、ストレスなど様々な原因で起こり、痛みの現れ方も異なるため、
自分の痛みの特徴をつかむことは、原因を探る上で重要なヒントとなります。

 

ぜひご自身の痛みがどんな時に、どこに痛みが出て、どれくらい続くのかを意識してみましょう。

 

5.STYLEJAPAN整骨院腰痛治療の特徴
STYLEJAPAN整骨院では、上記のように問診の時点で、いつから、どんな時に、どういう痛みが起こるのかをしっかり聞き取り、原因を突き止めた上で治療をしていきます。

 

詳しくはこちらからどうぞ

当院へのアクセス情報

所在地〒297-0024 千葉県茂原市八千代1-1-28
駐車場12台あり
電話番号0475-37-9042
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)