MENU TEL

Blog記事一覧 > 楽トレ > インナーマッスルが健康寿命を延ばす4つの理由

インナーマッスルが健康寿命を延ばす4つの理由

2016.06.17 | Category: 楽トレ

こんにちは!
茂原市にあるSTYLEJAPAN整骨院です。
 

整骨院や整形外科で治療をしても痛みが繰り返し、いつまでも治らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

今回はインナーマッスルが健康寿命を延ばす4つの理由をお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

 

1.インナーマッスルとは?

インナーマッスルは主に体を支える役割をします。

 

座っている時や立っている時も筋肉を使っていないようで実はこのインナーマッスルが働いているのです。

 

2.インナーマッスルが健康寿命を延ばす4つの理由

2-1.姿勢が維持できる

良い姿勢は、健康に非常に良い影響を与えます。姿勢が悪いと、アウターマッスルに負担がかかり、ハリ・コリが生じてしまいます。

また、血液の流れも悪くなるために、内臓への負担も生じます。

インナーマッスルがきちんと機能することにより、良い姿勢が維持できるのです。

 

2-2.脂肪を分解する

内臓脂肪や皮下脂肪の数値が高いと、生活習慣病のリスクが高まります。血圧が高くなったり、コレステロール値が高くなります。

インナーマッスルのエネルギーは脂肪です。そのため、インナーマッスルを使えば使うほど、脂肪を分解していくのです。

 

2-3.転倒の防止になる
高齢者に多い骨折の一つに、大腿骨頸部骨折があります。これは、段差に躓いたりし、転倒した時に多い骨折の一つです。

原因の一つに、大腰筋というインナーマッスルが弱っていることがあります。大腰筋は、足を上げる筋肉のため、段差で足が上がらず転倒してしまうのです。

インナーマッスルである、大腰筋を鍛えることにより、転倒を防止します。

 

2-4.寝たきりを防止する
寝たきりになる原因の一つは、筋力低下です。特に高齢者の場合、内科的な病気で1週間ほど入院しただけで、筋力が大幅に低下し、寝たきりになるケースがあります。

インナーマッスルを鍛えておくことにより、入院しても寝たきりになることを防止します。

 

3.まとめ

昨今注目されている、「インナーマッスル」。インナーマッスルをトレーニングすることにより、健康寿命を延ばすことが可能になりました。

自分の体をいつまでも健康に保ちたいという方は、一度お近くの病院または、整骨院にご相談されることをお勧めします。

 

4.STYLEJAPAN整骨院のインナーマッスルトレーニングの特徴

STYLEJAPAN整骨院では、アメリカと日本で特許を取得している、「楽トレ」を使用し、インナーマッスルトレーニングをしています。

今まで、電気でインナーマッスルをトレーニングすることが難しいと言われていましたが、「楽トレ」がそれを可能にしました。

 

詳しくはこちらから。

STYLEJAPAN整骨院 公式HP

STYLEJAPAN整骨院 楽トレ

当院へのアクセス情報

所在地〒297-0024 千葉県茂原市八千代1-1-28
駐車場12台あり
電話番号0475-37-9042
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)